モンスターエナジーガイド

モンスターエナジーを色々と飲んでみた!

メインメニュー

モンスターエナジー(通常)

通常のモンスターエナジー

甘くておいしい。パワーも出る。

ごくごく一般的なモンスターです。容量は355ミリリットルですね。コンビニやスーパーのほか、自動販売機でも購入可能です。

こちらはちょっと外出した時に買ってみました。空港に居る時にお菓子と一緒に購入しました。値段はコンビニで206円でした。自動販売機でなら210円程ですが、ごくまれに190円で購入が可能な自動販売機があったりします。これはお得ですが断然レアですね。

味わいは濃厚な甘さと強めの炭酸のパンチが効いています。最もオーソドックスな標準的な存在であり、モンスターエナジーの原点であると言えると思います。入手性の良さも相まって普段から飲みたいと思えますね。冷蔵庫には常にストックが欠かせません。

販売価格200円前後
内容量355ml
成分(100mlあたり)
エネルギー50kCal高麗人参82mg
L-アルギニン125mgL-カルニチン29mg
D-リボース125mgカフェイン40mg
こんな時に飲む!

普段使いに適したエナジードリンクですから、例えば仕事中、ちょっとだるくなってきた時にシャキッとしたいな、という時に一気にグイっと飲むとエナジーがみなぎってくるような感覚があります。仕事で文章を書かなければならない時などに飲めば、スタミナを持続することができるため、集中力も確保することができます。

プライベートでもモンスターエナジーを飲むことでテンションを上げて作業を行ったりすることが可能になります。家事をするのがだるい、読みたい本があるけど全然集中できない、そんな時にはモンスターエナジーを飲むことで良い状態にもっていくことができたと思います。

モンスターエナジー パイプラインパンチ

モンスターエナジー・パイプラインパンチ

パッション系の人気フレーバー

パッションフルーツやオレンジのほか、グァバなどのフレーバーを楽しめます。甘酸っぱい感じが良いですね。飽きの来ない風味がとてもおいしいですね。コンビニで購入することができました。このパイプラインパンチは2019年に発売されたのですが、あまりにも人気があったために、販売が一時終了してしまっていました。その後、2020年3月になってから販売が再開されています。確かに販売が一時終了するのも納得の美味しさです。

名前のパイプラインの由来は、石油や天然ガスなどのパイプラインではなく、ハワイのオアフ島にあるバンザイ・パイプラインという場所だそうです。そこはサーフィンを楽しめるサーフポイントとのことですが、波がものすごく、上級者向けのスポットだそうです。

販売価格200円前後
内容量355ml
成分(100mlあたり)
エネルギー44kCal高麗人参82mg
L-アルギニン53mgL-カルニチン29mg
D-リボースカフェイン40mg
こんな時に飲む

トロピカルなミックスジュースといった感じの美味しさは癖になります。エナジードリンクというとちょっと独特の風味があったりしますが、このパイプラインパンチは普通のジュースのように楽しめますので、普段あまりエナジードリンクを飲まない人にもオススメできるかなと思います。モンスターエナジーならではの炭酸でガツンと来る感じもしっかりありますから、モンスターエナジーのヘビーユーザーの方でも楽しめますね。

モンスターエナジー カオス

モンスターエナジー・カオス

レンジがベースの美味しいモンスターです。

こちらはオレンジ風味のモンスターエナジーです。オレンジ系の風味がとても美味しいです。パイプラインパンチと同様にジュースのように楽しめます。パンチのあるオレンジソーダ、といった感じですね。こちらも普段からエナジードリンクを飲むわけではないという人にオススメできる商品かなと思います。

実はこのカオス、途中で味がリニューアルされています。日本に上陸した当時は、果汁が50%で米国からの輸入品でした。しばらく経ってから国産化されましたが、その当時は国産版も米国と同様に果汁50%でした。しかしある時、米国で果汁が30%に切り替えられたのに合わせて、国産版も30%に変更されました。ちなみに、米国で最初に登場した当時は果汁が70%くらいあったようですが、それは飲んだことがないですね。果汁の割合が多いとどうしても鮮度の問題が発生してしまうのでしょうか。

販売価格200円前後
内容量355ml
成分(100mlあたり)
エネルギー35kCal高麗人参85mg
L-アルギニン125mgL-カルニチン3mg
D-リボース125mgカフェイン40mg
こんな時に飲む

ちょっと酸味のあるさっぱりとした風味を楽しみたい時に飲みたいですね。炭酸系のガツンと来る感じはありますが、後味はさっぱりしているのが特徴かなと思います。食後に何か飲みたいなと思った時などにも良いと思います。

モンスターエナジー 大サイズ

大サイズのモンスターエナジー

見た目も中身もインパクト大!

前述の355ミリリットルのモンスターエナジーの拡大版です。容量はなんとまさかの500ミリリットル。大ボリュームのインパクトたるや他の追随を許しません。こちらはコンビニなどで購入が可能です。自動販売機で販売されているのは見たことがありませんね。恐らくサイズ的に自動販売機の機械に入らないのではないでしょうか。

風味は通常の355ミリリットルのものと当然同じです。ここぞという時に飲めばパワーがみなぎってくるような感じになりますね。

販売価格360円前後
内容量500ml
成分(100mlあたり)
エネルギー50kCal高麗人参82mg
L-アルギニン125mgL-カルニチン29mg
D-リボース125mgカフェイン40mg
こんな時に飲む!

長時間の移動時などに飲んでみました。たとえば長時間車を運転する時、高速道路に乗っていると眠気を感じてしまうことがあります。そんな時にはサービスエリアで休憩をしなくてはなりません。仮眠を取ったりもするのが重要ですが、ここでエナジードリンクをぐいっと飲んでおくと、目が覚めてくる感覚がします。また、フタつきですので、ゆっくり飲み続けるという事も可能になりました。

モンスターエナジーM3(ビン)

まさに濃縮されたモンスターエナジー

「山椒は小粒でもぴりりと辛い」を地で行く、小さな見た目と対象的な超実力派

ある意味で「高濃縮モンスター」といったところでしょうか。小さな瓶に入っていることから普通の栄養ドリンクのように見えなくもないですが、特徴的な緑色であることが独特の雰囲気を醸し出しています。

販売価格200円前後
内容量150ml
成分(100mlあたり)
エネルギー65kCal高麗人参300mg
L-アルギニン450mgL-カルニチン109mg
D-リボース444mgカフェイン140mg

モンスターエナジー・ザ・ドクター

黄色い見た目がかわいいモンスターエナジー

かわいい黄色い缶が特徴的

黄色い見た目と可愛い感じのイラストが特徴的です。日本での販売は既に終了してしまっているようですが、海外では2019年現在でも入手が可能でした。オレンジ風味のさっぱりとした味わいが良かったですね。こちらは上記のモンスターエナジー・アサルトと同様に、缶が大きなサイズですから飲みごたえも抜群ですね。

販売価格200円前後
内容量355ml
成分(100mlあたり)
エネルギー44kCal高麗人参82mg
L-アルギニン53mgL-カルニチン3mg
D-リボースカフェイン35mg

モンスターエナジー・アサルト【海外】

海外のモンスターエナジー

海外旅行に行ったら現地のエナジードリンクを楽しんでみましょう。

プラハ国際空港で購入したモンスターエナジーです。やはり缶が巨大なサイズですね。見た目も黒をベースとした赤いロゴマークが特徴的です。見た目としては日本国内で発売されていた「キューバリブレ」に近いかもしれません。味わいは甘酸っぱい感じのチェリー風味のような感じですね。とても美味しいです。これは日本では発売されていないようですので、海外旅行に行った時や、米軍基地の一般公開があった時などに購入なさると良いのではないでしょうか。

販売価格日本円で200円程度
内容量500ml
成分(100mlあたり)
エネルギー38kCal高麗人参
L-アルギニンL-カルニチン
D-リボースカフェイン

エナジードリンク論

ちょっと気合を入れたい時、例えば体を動かすような事がある場合や、集中して勉強をしたい時から、エクストリームスポーツを楽しむ時まで、エナジードリンクの力を借りてパワフルな活動をしたいですよね。エナジードリンクには身体にとって元気の源となるような成分が多く含まれています。カフェインやアルギニン等の他、高麗人参などの成分も含まれています。そのため言わば心身ともにシャキッとすることができると考えられます。

エナジードリンクはエネルギー源としての役割があるだけではなく、一つの文化として親しまれているという側面もあります。