交通事故ガイドトップ > 自動車事故の発生原因とは

交通事故の発生原因とは

四輪車が引き起こす主な事故

  • 速度超過
  • 飲酒運転や薬物使用運転
  • 携帯電話使用、着信音がしたため走行しながら携帯電話を探したり、メールを書くため液晶画面を見ながら走行したため前方不注意になったり、運転中の情報から音が遮断されることによるリスク増大(視覚のみに頼る)→(未使用時と比較した場合、手持ちが事故発生率4.9倍のリスク、ハンズフリーが3.8倍のリスク)、オーディオ操作・視聴、ナビゲーション操作・視聴、飲食、喫煙等の運転とは関係ない動作をしながら運転するながら運転
  • 緑内障による視野狭窄
  • 疲労運転・過労運転、居眠り運転は非常に危険性が高いが機器による数値化ができないため警察が取締りができない。
  • 認知症
  • 急な車線変更
  • 方向指示器合図をしない
  • 前方の信号が変わる直前、直後の方向指示器合図による左折(二輪車、自転車の巻き込み)
  • 進路変更なしの左折=幅寄せなし(二輪車、自転車の巻き込み)
  • 死角の目視をしないことによる進路変更(特に左後方)
  • 右への進路変更を伴う大回り左折(内輪差の問題ではなく、車幅感覚を見切れないドライバーがほとんど)
  • 信号無視
  • 対向車線の逆走事故
  • 高速道路での対向車線逆走
  • 細い道路での自転車、二輪車、四輪車のいずれかとすれ違う際、片方、あるいは両方の四輪車側が真ん中をはみ出しているにも関わらず徐行しない場合(一般ドライバーにも多く見られる)
  • サンキュー事故 - 右折時に対向直進車が右折してもいいよと譲ってくれた時に速やかに右折しようとした所、車の死角から二輪車が直進する際に衝突するなどが代表的。二輪が譲った際の四輪車直進と四輪車右折より多い。→死角が多いにも関わらず確認を怠り右折するため
  • 脇見運転。
  • 無免許運転
  • 共同危険行為等(共同危険型暴走族、違法競走型暴走族)
  • 整備不良
  • 左ハンドル車両による追い越し時、右折時等の視認性不良により生じる問題(左側通行の場合、右ハンドル車両と比較すると構造上対向車の視認性が著しく劣り、左側通行の場合は左ハンドル、右側通行の場合は右ハンドル車両が、視認性が劣ることにより生じる危険から禁止されている国も多い。)
  • ブレーキとアクセルの踏み間違え事故(10代と20代が全体の26%を占める)
  • 無理な追い越し-はみ出し追い越し禁止区間等で自転車や原動機付自転車を追い越す際に多発(同一車線上内をスレスレで高速度で追い越す際の衝突事故が多い。このような追い越しが多発する現状では自転車の場合は安全に車道を走行することが難しいため、歩道走行も条件付で認められている。原動機付自転車も同様ではあるが、歩道走行は認められていないため、30km/h走行では安全確保が難しい道路がある。)
  • 横断歩道での歩行者優先を無視した走行
  • 路上駐停車
  • 過剰性能(速度違反と排気量=パワーには相関関係が認められる。)
  • 過剰サイズ(視界不良による巻き込み事故や、高重心による横転事故が多発)
  • 道路上への動物の飛び出し - 侵入防止柵、アニマルトンネル(動物用に地下に設置される専用のトンネル)、アニマルパスウェイ(動物用に空中に架設される専用の橋)などによる回避策が講じられることが多い。
  • 漫然運転

貨物自動車が引き起こす主な事故

  • 積載超過
  • 高さ制限

自動二輪車が引き起こす主な事故

  • 速度超過
  • 飲酒運転
  • 急な車線変更(ジグザグ走行)
  • 信号無視(黄色信号以降、赤信号直後による交差点突入は加速する傾向が強い)
  • 存在の見落とされ(四輪車の死角で走行したり、目立たない服装を着用して運転したりすることにより確率は高まる。)
  • 無免許運転
  • 共同危険行為等(共同危険型暴走族、違法競走型暴走族)
  • 雨天時のマンホールやペイント上の通過(ブレーキやバンクで容易にスリップする。)
  • 誤ったポジションでの走行
  • 車線左端を走行する過度のキープレフトは後続車に道を譲るものと誤解される可能性があり、流れに乗っていても危険な併走、追い越しをされやすくなる。駐車場からの車との飛び出し衝突リスクや側道からの頭出しによる衝突リスク、交差点での対向車からの視認性が悪くなることにより右直事故に遭遇する危険性が高くなる。
  • 無理なすり抜け - 他車両との接触により事故に発展する危険がある。
  • 横断歩道での歩行者優先を無視した走行
  • 虫や雨等による視界不良→視界不良の影響は四輪車より大きい

自転車が引き起こす主な事故

  • 飲酒運転 - 違反している意識の欠如
  • 歩行者を無視した歩道走行
  • 無灯火による見落とされ
  • 信号無視の横断
  • 右車線の逆走
  • 携帯電話や携帯オーディオの使用、喫煙などのながら走行
  • 手持ちや固定による傘差し
  • 二人乗りや三人乗り、荷物の過積載
  • 並列走行
  • 横断歩道での歩行者優先を無視した走行

歩行者が引き起こす主な事故

  • 信号無視の横断
  • 横断歩道の無い道路での無理な横断
  • 携帯電話や携帯オーディオの使用
  • 犬の散歩、特に夜間はリードが見えなくなり道路にロープを張った状態になり非常に危険
  • 信号機のない横断歩道のある道路での確認不足の横断→道路交通法では歩行者優先であるため、過失の割合は10割が車両側となる。

(引用:Wikipedia)