交通事故ガイドトップ > 加害者の「刑事上の責任」

加害者の「刑事上の責任」

刑事上の責任とは

交通事故の加害者の責任として、1つ目に刑事上の責任が挙げられます。刑法における「危険運転致死傷罪」「自動車運転過失致死傷罪」「道路交通法違反(行政処分としてではなく、特別刑法の刑事罰として定められているもの)」による責任があります。
上記の交通事故の定義とは別に、車両を運転していた者が過失によって、他者を死傷させた場合にはその過失の内容によって問われる罪が変わる場合があります。

刑法208条の2「危険運転致死傷罪」

  • アルコール又は薬物の影響により正常な運転が困難な状態で自動車を走行させ、よって、人を死傷させた場合
  • 進行を制御することが困難な高速度で、又はその進行を制御する技能を有しないで自動車を走行させ、よって人を死傷させた場合
  • 人又は車の通行を妨害する目的で、走行中の自動車の直前に進入し、その他通行中の人又は車に著しく接近し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転し、よって人を死傷させた場合
  • 赤色信号又はこれに相当する信号を殊更に無視し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転し、よって人を死傷させた場合

近年ではいわゆる飲酒運転の厳罰化が実施され、「危険運転致死傷罪」においては他者を負傷させた者は15年以下の懲役、死亡させた場合は1年以上の懲役に処するとあります。

これは従来の交通事故に対する刑事罰があくまでも故意が無い事を前提としており、悪質な危険運転の行為に対しても「業務上過失致死傷罪」として窃盗罪よりも軽く扱われる場合もあった事から 交通事故の中でも特に悪質なものに対しては、この「危険運転致死傷罪」が適用されるようになっています。

刑法211条2項「自動車運転過失致死傷罪」

自動車の運転上、必要とされる注意を怠った事で他人を死傷させた場合に適用されます。

道路交通法違反による刑事罰は、無免許運転、酒酔い運転、反則行為による交通事故の場合には「交通反則通告制度」が適用されません。
過失建造物破壊など、道路交通法に定められた罰則となります。

(引用:Wikipedia)